不安がいっぱい…お金を借りるために必要なキャッシングの知識

給料日に間に合わないお金もキャッシングで解決

社会人として勤務を始めたばかりのころというのは、まだ月々の給与額も安くそうそう贅沢な生活はできません。

就職を期に家を出たという人の場合には、一人暮らしをしていくためのお金の出入りにまだ慣れず、気が付いたら給料日まで日数があるのに現金がゼロに近いなんてことも起こったりします。

そんなときには実家や知人などにお金を無心したくもなるところですが、知り合い同士でのお金の貸し借りというのは何かとトラブルの種にもなりやすいものでしょう。

そこでいざというときに覚えておきたいのが、急な出費に対応することができる便利なキャッシングのサービスです。

キャッシングやローンはテレビCMやネット広告ですっかりおなじみになっていますが、実際のところ「なんか怖いから使えない」と思っている人はたくさんいます。

確かにむやみやたらにキャッシングやローンの契約をしてしまい、その利息の支払いで首が回らなくなってしまっているという人もたくさんいるのは事実です。

しかしながらそうした無計画なキャッシングを繰り返す人というのは全体から見れば少なく、ほとんどの人は上手にそうした借り入れを利用して生活を送っています。

よく知らないからこそ「怖い」と感じるのであり、しっかりそのしくみを理解した上で使えば便利なものなのでぜひ一度社会人としての知識の一環として調べてみてください。

キャッシングの種類と契約方法

一般に「キャッシング」とされているサービスには大きく三種類があります。

つまり「銀行系キャッシング」「消費者金融のキャッシング」「クレジットカードのキャッシング枠」の三つです。

このうち最も利息が低く信頼性が高いのが「銀行系キャッシング」です。

これは「三菱東京UFJ銀行バンクイック」や「三井住友銀行カードローン」のように銀行の名称がそのままキャッシングサービスとなっているものが代表的です。

他にも最近ではネット銀行系のキャッシングサービスも多く利用をされるようになっています。

主な特徴は銀行系キャッシングは申し込み時に審査があり、比較的厳しめの基準となってはいるものの利用をするときの利息は低く、返済の方法もやりやすいということです。

会社員として自ら働いている人など定職と定期収入がある人で過去に返済遅滞などがなければ特に問題なく審査に通ることができるはずです。

対して消費者金融系のキャッシングはCMなどでよく見かけるもので、これは銀行系よりも審査がゆるめであることが多い反面で利息が比較的高めであるところが特徴です。

ただし消費者金融系のキャッシングは初回利用金利0円や、7日以内に返済なら利息0円といった独自のサービスをしていることもあるのでそうした情報もチェックしたいところです。

クレジットカードのキャッシング枠はかなり便利

社会人になったときには、便利に買い物ができるようにと一枚くらいはクレジットカードを作っていることと思います。

クレジットカードは大きな買い物をするときに現金を持ち歩かなくてもよいという便利な点がありますが、同時に自動的にキャッシング枠がつくという点も見逃せません。

キャッシング枠付きのクレジットカードの場合には、特に何らかの申し込みをすることなく対応のATMで使用することですぐに現金を引き出すことができます。

返済もショッピング枠として設定されている引き落とし口座で同じように扱われるので管理がしやすくなっています。

またクレジットカードの場合、一括払いだけでなくリボルビング払いなど分割で返済しやすい方法を選ぶこともできます。

今ではインターネットで現在の使用状況を確認したり、返済プランを変更したりすることもできるようになっていますので、そうしたものも上手に利用していきたいですね。