借金のある人必見!上手な借金の返し方のコツ

返済方法から借り入れをするところを選ぶ

今時はちょっと大きな買い物をするときにはクレジットカードを使用するという人が多いのではないかと思います。

ネットショッピングなどでは少額の決済であっても手数料なしでクレジットカードを使用することができたりするので、ほとんど現金としては引き出さずにカード決済で日常の買い物をしているという人も増えています。

しかしそうしたカード決済の場合、手元の現金が減っていくという感覚が乏しくなってしまうことから、ついつい使いすぎて限度額いっぱいまで使ってしまったなんていうこともあったりします。

そうした場合すぐに給与が入って一括で支払いができるというならよいのですが、そうでない場合には引き落としがされずに支払い遅滞という扱いになってしまいます。

特にクレジットカード払いにおいてはこの支払い遅滞は大きなペナルティとなってしまうので、そのあとのローン組みやカード限度枠に大きな影響が出てきてしまいます。

もし一時的に使いすぎてしまい引き落とし日までに必要な金額を口座に入れることができないということなら、早めに支払い方法を変更した方がよいかもしれません。

返済方法を変更することで一時的に使いすぎてしまった借金の支払いを次回以降に回すことができるので、支払い遅滞という最悪の事態を避けることができます。

これから借り入れをすることを考えるなら、まずはそうした支払い方法に柔軟な対応ができるかどうかを調べてからの方がよいといえます。

リボルビング払いとはどういった方法か

クレジットカードやキャッシングサービスの多くで選べるようになっている返済方法として、「一括払い」と「リボルビング払い」の二種類があります。

例えば数十万円もするような高価なものを購入する場合には、その品物限定で分割払いを選ぶことができますが、特に目的を定めずに申し込みをするキャッシングにおいては都度分割にするのは面倒な方法です。

そこでより簡単に自分の支払い金額を把握できるのがリボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)です。

リボルビング払いでは月ごとにキャッシングをしてもその合計金額から毎月一定の支払いに設定することができ、自動的に利息も月払いとして計算していってくれるというのが便利です。

利息は一括払いよりも高くなりますが、月々一定金額でよくなるので安定的に借り入れと返済を継続していくことができます。